Homeの中の サポート の中の 技術情報 の中の dbi

技術情報

Unify DBIntegrator のバージョンと対応する Microsoft Office バージョンについて

Unify DBIntegratorのバージョンにより、対応する ODBCドライバのバージョンが異なるため、ODBC接続がサポートされる Microsoft Office のバージョンが異なりますのでご注意下さい。
以下は、DBIntegrator、サーバのデータベース、Microsoft Office のバージョン対応表です。

DBIntegrator
DataServer
DataServer ELS
Microsoft Office
1.0
7.0 まで
6.4
Office 95 及び Office 97
1.1
7.1 以上
6.5 以上
Office 97 及び Office 2000


Client からDBに接続する際に発生する共有メモリのエラーへの対応方法

DBI Client からデータベースに接続する際に、データベースより共有メモリのエラーが返され失敗する場合は、 データベース側のコンフィギュレーションのチューニングで対応します。

(1)DataServer での対応方法
コンフィギュレーション変数 SHMOFFSET を64MB 以上の値に設定する必要があります。

DataServer R.7.1 以上では unify.cf 中のSHMOFFSETのデフォルト値は、16Mから 128M に変更されています。
SHMOFFSET の値を変更する際には、まずサーバのデータベースを shutdb によりシャットダウンしてください。
odbcdmn も kill コマンドでダウンさせます。
データベースが正常にシャットダウンした状態で、コンフィギュレーションファイル($DBPATH/file.cf)のSHMOFFSET の設定値を変更して下さい。
その後データベースを startdb により再起動します。

★注意★
絶対にデータベース起動中に SHMOFFSET を変更しないで下さい。

DB再起動後、odbcdmn を起動して、Client から ODBC接続を行って下さい。

備考
$DBPATHは、Unify DataServer のコンフィグレーション変数 DBPATH のフルパスを示します。

(2)DataServer ELS での対応方法
環境変数 DEFSIZE を4196304(4MB)以上の値に設定する必要があります。
DataServer ELS R.6.5 以上は、DEFSIZE のデフォルト値は4MBに変更されています。
DEFSIZE の値を変更する際には、まずサーバのデータベースで使用している共有メモリを消去します。ipcsコマンドで共有メモリを確認し、該当の共有メモリIDを、ipcrm -m コマンドで削除して下さい。odbcdmn も kill コマンドでダウンさせます。

[例] kill odbcdmn_pid
odbcdmb_pid 実行されている odbcdmn のプロセスID
[例] picrm -m m_id
m_id DataServerが使用している共有メモリのID
共有メモリ消去、odbcdmn をダウンした状態で、環境変数 DEFSIZE を設定します。
[例]DEFSIZE=4194304; export DEFSIZE
また、DEFSIZE を有効にするための環境変数 NSEGS も 0 (デフォルト)に設定して下さい。

[例] NSEGS=0; export NSEGS

その後、odbcdmn を起動して、Client から ODBC接続を行って下さい。

備考
上記例は、sh で示していますので csh を使用している場合は、setenv コマンドで設定してください。

ページトップへ